【gooランキング厳選】一番好きなミスドのドーナツランキングTOP3をご紹介

ミスドといえば、誰もが一度はお世話になったことがある最も有名なドーナツ店です。そのミスドの数あるドーナツで、一番人気はどのドーナツでしょうか。たくさんのメニューを前に、いつも決められないという方の参考になりましたら幸いです。

今回は一番好きなミスドのドーナツランキングTOP3をご紹介します。

一番好きなミスドのドーナツランキング第1位:ポン・デ・リング

商品写真引用元URL:https://www.misterdonut.jp/m_menu/donut/dpd01.html

商品販売公式サイトURL:https://www.misterdonut.jp/shop_data/demaecan/

一番好きなミスドのドーナツランキング第1位は『ポン・デ・リング』です。

2003年から販売開始されたポン・デ・リングシリーズの最初の商品が、この『ポン・デ・リング』。ドーナツといえばそれまでは「ふわふわ」「さっくり」「しっとり」という食感が主流の中、もちもち食感のドーナツは当時珍しく大きな話題となりました。

ドーナツは時間の経過とともにできたての味や食感が失われるという弱点を補い、時間が経ってももっちりとおいしく食べられます。秘密は、一時大ブームになったミルクティーですっかりお馴染みのタピオカでんぷん。保水力の高いタピオカでんぷんを使うことでもちもち食感を持続させることに成功しました。

ただ、タピオカでんぷんには問題点もありました。ドーナツの形を決定づける「膨らみ」です。タピオカでんぷんを生地に混ぜると均一に膨らまず、ドーナツの形にならないことがわかりました。そこで丸いボールを8つつなげたような形にしたそうです。そんな苦労もあってミスドの看板商品にまで成長したんですね。

【商品概要】

商品名:ポン・デ・リング

熱量:217kcal

価格:テイクアウト 129円/イートイン 132円(執筆時点)

一番好きなミスドのドーナツランキング第2位:オールドファッション

商品写真引用元URL:https://www.misterdonut.jp/m_menu/donut/dof01.html

商品販売公式サイトURL:https://www.misterdonut.jp/shop_data/demaecan/

一番好きなミスドのドーナツランキング第2位は『オールドファッション』です。

『オールドファッション』は、ミスドの定番商品のひとつ。控えめな甘さと素朴なおいしさ、サクサク食感が人気のドーナツです。発売はミスドの日本1号店がオープンした4年後の1975年。歴史がありますね。

歴史があるだけに改良も重ねています。1995年、発売から20年経ったこの年にクリスピー感がさらに感じられるように改良し、2年後にはサクサク感を改良。1999年には甘みを抑えてミルク感を増量…と合計7回も改良してきました。

定番商品であっても、味や食感に満足しないからこそ多くの人に支持されるんですね。

【商品概要】

商品名:オールドファッション

熱量:293kcal

価格:テイクアウト 129円/イートイン 132円(執筆時点)

一番好きなミスドのドーナツランキング第3位:エンゼルクリーム

商品写真引用元URL:https://www.misterdonut.jp/m_menu/donut/drs12003.html

商品販売公式サイトURL:https://www.misterdonut.jp/shop_data/demaecan/

一番好きなミスドのドーナツランキング第3位は『エンゼルクリーム』です。

ふんわり食感となめらかなクリームが魅力の『エンゼルクリーム』は、日本のミスドオープンと同時に歴史が始まりました。発売からすでに50年余というロングラン商品です。

『エンゼルクリーム』をよりおいしく食べる方法として話題になったのが「凍らせる」方法。水分が少ないドーナツ生地は凍らせてもカチカチにならず、シャーベット状の独特の食感になります。同様に中のクリームもカチカチに凍らず、ひんやりと冷たいクリームになります。この2つの食感が特に夏の暑い時にはたまらないおいしさと評判です。

逆に冬にはクリームが溶け出さない程度に温めて、ふわふわとろりとした『エンゼルクリーム』楽しむこともできます。同じドーナツでも、温度によって違うおいしさが楽しめるのはお得ですね。

【商品概要】

商品名:エンゼルクリーム

熱量:201kcal

価格:テイクアウト 151円/イートイン 154円(執筆時点)

まとめ

今回はgooランキングを基に、一番好きなミスドのドーナツランキングTOP3をご紹介しました。

記事内で使用した「ドーナツ」という表記に若干違和感を持った方もいるかもしれませんね。「ドーナツ」「ドーナッツ」の表記の違いは、ある地域で分かれているのではないかと言われています。詳細は不明ですが静岡県辺りが境目で、それより東・北の地域では「ドーナツ」、西・南の地域では「ドーナッツ」と言うのが一般的なんだそうです。

本記事ではミスドの公式サイトでの表記に合わせて「ドーナツ」とさせていただきました。

ドーナツの歴史には諸説ありますが、オランダの伝統的なお菓子「オリークック」という説が有力です。この説からすると16世紀にはすでに存在しており、穴が開いたドーナツも19世紀には食べられていたそうです。古くから多くの人に愛されてきたドーナツの進化はまだ続きそうですね。

関連記事

  1. 【gooランキング厳選】これはイケる!チーズスナック菓子ランキングTOP3

  2. 【サタプラ】おいしくて健康的!納豆のアレンジレシピ

  3. 【サタプラ】ひたすら試してランキング「ツナ缶」

  4. スタバのおすすめ「フラペチーノ」は甘くておいしい氷ドリンク

  5. 【gooランキング厳選】「これは譲れない」定番カップ麺ランキングトップ3

  6. 【gooランキング厳選】正直一番おいしいマクドナルドのメニューランキングTOP3をご紹介

  1. 【サタプラ】ひたすら試してランキング「コーヒーゼリー」ベスト5

    2022.12.01

  2. スイーツ・デリのテイクアウト専門店『フロ プレステージュ』とは?

    2022.11.29

  3. クロワッサンは冷凍がおすすめ!家で味わえる焼きたてのサクサク食感

    2022.11.27

  4. 小腹が空く夕方に! ぱくっと食べやすいカルディスイーツ3選

    2022.11.25

  5. カルディプチギフト2アイキャッチ

    カルディで発見!子どもがよろこぶ詰め合わせプチギフトを作ろう!

    2022.11.23

  1. 口の中でとろけるスイーツ!クリオロの「幻のチーズケーキ」

    2022.08.26

  2. リンツアイキャッチ

    チョコレート好きは見逃すな!老舗ブランド『リンツ』のスイーツ特集

    2022.08.26

  3. 京都スイーツアイキャッチ

    インスタ映え間違いなし!京都に来たら手に入れたいかわいいスイーツ

    2022.08.26

  4. フルーツたっぷりのスイーツ!通販で人気のプランタンヌーボーを紹介

    2022.08.26