spring-cosmetic

【サタプラ】お酢のちょい足しテクニック ランキングベスト5!体に優しく味も抜群! (5/15放送分 サタデープラス)

毎週土曜日、7:30~9:35にTBS系列で放送されているサタデープラス。
生活情報やスポーツ情報など、ランキング方式で放送しています。
5月15日分の『サタデープラス』では、体にも優しい『お酢×〇〇のちょい足しテクニック』のランキングが放送されました。

お酢の効能は

  • 身体に良いことで有名な「お酢」。内臓脂肪や血圧を気にする人におすすめしたい理由が、こちら。
  • お酢に含まれている酢酸には、血管を拡張するアデノシン三リン酸(ATP)に作用し、血管を広げ、血圧が上がるのを抑制する効果が期待できます。さらに、内臓脂肪を減少させる働きもあるのだとか。
  • また、お酢にはグルコン酸が含まれ、善玉菌を増殖させ、お通じも良くなるのだとか。
  • そんなお酢を、日々の生活で気軽にとれるよう、「お酢のチョイ足しテクニック」を、料理研究家の『河瀬理奈』さんが教えてくれました。
  • 試食は、お笑い芸人の『銀シャリ』のお2人。
  • さて、それでは、『お酢×〇〇のちょい足しテク』気になるランキングベスト5を、見ていきましょう。

『お酢×〇〇のちょい足しテク』気になるランキングベスト5

1位 黒酢×チーズケーキ

cheesecake

黒酢大さじ3と砂糖大さじ3を鍋で加熱し、チーズケーキの上にソースのように掛けます。

黒酢には、うまみ成分がほかの種類のお酢より多く含まれているので、チーズケーキの甘味を引き立てます。
加熱で酸味が飛ぶので、お酢の香りはそんなに気にならないそうです。

試食した銀シャリのお二人の感想は……

第1位だけあって、大絶賛でした!
チーズケーキを買う機会があったら、ぜひ試してみたいですね。

「ぜんざいに入れる塩みたいに、チーズケーキを引き立てている」 「生地が引き立って、とても美味しい」

第1位だけあって、大絶賛でした! チーズケーキを買う機会があったら、ぜひ試してみたいですね。

2位 味噌汁×穀物酢

水400㏄に対して、大さじ1のお酢を入れます。

酢を入れることで、酸味がまろやかになり、減塩にも最適!
お酢は、発酵過程で穀物のタンパクがうまみに変わるため、塩カドを抑えまろやかになるのだとか。

試食した銀シャリのお二人の感想は……

「香りはがっつりではなく、塩味がまろやか」

味噌汁なら、普段の食事に取り入れている方も多いはず。
この機会に、お酢で減塩してみるのはいかがでしょうか。

3位 カレー×リンゴ酢

カレー200gに対して小さじ1のお酢を入れます。

2位の味噌汁と同じように、発酵過程で穀物のタンパクがうまみに変化、カレーのカドを抑えて、まろやかにしてくれるのだとか。

試食した銀シャリのお二人の感想は……

「香りはお酢」
「コクやまろやかさがプラスでこっちの方が好き

普段食べているカレーで、コクとまろやかさを簡単に出してみたいときには、お酢を入れてみるのも手だと思いますよ!

4位 お茶漬け×穀物酢

お茶漬けに小さじ1のお酢を入れます。

初めは、疑心暗鬼だった銀シャリのお二人も、試食した後はテンション高めでした。

「梅茶漬けみたい」
「牛乳よりこっちの方が良い」

銀シャリのお二人は、大絶賛でした。(一番絶賛していたかも?)
これから季節が夏に変わり、熱中症や夏バテが増えてきます。
夏バテ防止にお酢茶漬け!ぜひとも試してみたいですね。

5位 牛乳×リンゴ酢

牛乳200㏄に大さじ1~2を入れます。

牛乳のタンパクが固まってとろみがつき、ヨーグルトのような味わいになります

試食した銀シャリのお二人の感想は……

「さっぱりめの飲むヨーグルト」
「最初は強烈に思うかも、でもだんだん癖になる」

手軽にお酢を取る方法として、とてもいいのではないでしょうか!

最後に

vinegar-foot
引用元 ロハコ
引用元 伊藤園

ここまで、『サタデープラス』で紹介された『お酢×〇〇のちょい足しテクニック』ベスト5をご紹介しました。

公式サイトには、レシピが紹介されています。興味を持った方は、ホームページを訪問してみてください。

サタデープラス公式サイト

お酢のちょい足しで、元気に毎日を過ごしましょう!お酢を足すときには、今回ご紹介した組み合わせを参考にしてください。

お酢の種類はたくさんあり、違うものを入れてしまうと味が著しく変わってしまうので、気をつけてくださいね。

いかがでしたでしょうか? 男女別でシチュエーションを分けて、様々なギフトをご紹介しました。商品の詳細を知りたい方は、各商品にURLがついていますのでチェックしてください。 お世話になった人の顔を思い浮かべて、どんなものなら喜んでくれるか、ぜひワクワクしながら考えてみてください。

トップへ